2020年5月24日 (日)

タコム1/35ヤクトタイガー後期型

タコム1/35ヤクトタイガーを製作しました。このキットは初期型と後期型のコンヴァージョンになっていますので、後期型を選択。

キットの出来は悪くはないけど、ちょっと作りにくかったですね。ディテールアップは今話題のMJ Miniaturesの3Dプリンターで作成された

OVMを使用、それ以外はエッチングパーツのジャンクから使えるものを探して使用しています。

7t_cimg3358_20200524134401 8t_cimg3370_20200524134401 10t_cimg3364_20200524134401 T9_cimg3372_20200524134401 2t_cimg3367_20200524134401 1t_cimg3366_20200524134401 3t_cimg3363_20200524134401 4t_cimg3368_20200524134401 6t_cimg3357_20200524134401 5t_cimg3362_20200524134401

2020年2月17日 (月)

モンモデル 1/35 ヤクトパンターG1

モンモデル ヤクトパンターG1完成しました。

 

T_cimg3153 T_cimg3152 T_cimg3154 T_cimg3159 T_cimg3158 T_cimg3157 T_cimg3166 T_cimg3164 T_cimg3160 T_cimg3161 T_cimg3172 T_cimg3168 T_cimg3170 T_cimg3169 T_cimg3165 T_cimg3162 T_cimg3163 T_cimg3171 T_cimg3167 T_cimg3156 T_cimg3155

2020年2月11日 (火)

ドラゴン1/35タイガー1後期型ツイメリットコーティング

ドラゴン1/35タイガー1後期型ツイメリットコーティング仕様が完成しました。

T_cimg3134

T_cimg3133 T_cimg3137 T_cimg3135 T_cimg3138 T_cimg3136 T_cimg3142 T_cimg3145 T_cimg3143 T_cimg3144 T_cimg3141 T_cimg3140 T_cimg3139 T_cimg3149 T_cimg3147 T_cimg3146 T_cimg3150

2020年1月16日 (木)

Sd.Kfz.250/9NEU ①

ドラゴンのSdKfz250/9ノイです。ディテールアップにはアベールのエッチングを使用しました。

インテリアはあまり良い画像がなかったので、それなりに再現してあります。

T_cimg3046 T_cimg3041 T_cimg3040 T_cimg3039 T_cimg3045 T_cimg3044 T_cimg3043 T_cimg3042 T_cimg3050 T_cimg3049 T_cimg3047 T_cimg3052 T_cimg3051

2020年1月 4日 (土)

タミヤ新スチュアート

タミヤの新しいスチュアートです。エッチングはパッションモデルを使用。

T_cimg2913 T_cimg2912 T_cimg2914 T_cimg2920 T_cimg2915 T_cimg2917 T_cimg2918 T_cimg2919 T_cimg2916

ミラーモデル オッター

ミラーモデルのオッターの工作が終了しました。

T_cimg2930 T_cimg2932T_cimg2933 T_cimg2931 T_cimg2934 T_cimg2935 T_cimg2939 T_cimg2938 T_cimg2936 T_cimg2941 T_cimg2943 T_cimg2946 T_cimg2949 T_cimg2948 T_cimg2947 T_cimg2945 T_cimg2944 T_cimg2937 T_cimg2940

2018年12月16日 (日)

タミヤ3突G初期型迷彩塗装

迷彩塗装の工程です。迷彩塗装の仕上げにはいつもこのぐらいの工程が掛かります。

T_cimg2746
イワタHP-C 0.3ミリのエアーブラシでダークグリーンを大雑把に塗装

T_cimg2748

イワタCM-C エアーブラシを使い、ダークイエローで修正、あとはずーと、気に入るまで修正の繰り返しです。
T_cimg2749


T_cimg2750


T_cimg2751

T_cimg2752



T_cimg2753

こんなもんかな、迷彩終了。

2018年9月20日 (木)

タミヤ3突G初期型

T_cimg2725


T_cimg2726


T_cimg2727


T_cimg2728


T_cimg2729


T_cimg2730


T_cimg2731


T_cimg2732

2018年9月11日 (火)

モンモデル ヤクトパンサーG1

モンモデルのヤクトパンサーG1です。以前、製作したキングタイガーと比べると遙に作りやすくなっています。

 

T_cimg2712


T_cimg2713


T_cimg2714


T_cimg2715


T_cimg2716


T_cimg2717


T_cimg2718

T_cimg2719

 

T_cimg2720


T_cimg2721


T_cimg2722


T_cimg2723

2018年8月22日 (水)

ドラゴン1/35エレファント

ドラゴンのエレファントです。プレミアムエディションとツィンメリットヴァージョンを2個1で製作しました。古いキットなのでディテールはあっさりしています。後、パーツの表面に引けが結構あります。ロイヤルモデルのエッチングがあったので使おうと思いましたが、殆ど使えませんでした。

0001


001


12
ドラゴンの純正のエッチングパーツは精度が余りよくありません。フェンダーのエッチングも調整しないと合いません。

牽引ロープラックはエッチングパーツにも入っていますが、密度感が悪く、プラ材で自作、牽引ロープが0.9ミリなので通る隙間は1ミリで作ってあります。

フェンダーステーはエッチングパーツでは綺麗に出来そうもないので、キットのパーツをBMC超鋼タガネで堀を深くし縁も薄く消りました。

矢印のディテールは前後で同じ高さになりますが、エッチングでは再現されておらず、これもプラ材で自作。

T_34

矢印①の部分はキットのまま組むとかなり隙間が開くので。キットの指定より1ミリ前にだして砲の基部を接着。

矢印②の部分は表面がかなり引けていたので、ボルトを切り取り、表面を均してからボルトを再接着。

蝶番のディテール追加。

ハッチストッパーはプラ材でディテールを追加。拡大したら出来悪し・・・。

56

トラベリングロックはキットの輪の部分を薄く削りディテールを追加。

ジャッキ台のラックはエッチングパーツだと大きすぎてかっこ悪いので自作。

78

ジャッキはラックを薄く削り蝶番の部分はプラ棒に切り込みを入れて再現。ハンドル部分は自作。

アンテナはドラゴンのタイガー1のパーツを薄く削り使用。下がキットのまま、上が削った状態。

91
アンテナの収納ケースはプラ材で自作。

アンテナポストは穴が開いていないので穴を開けました。

92



フェンダーの跳ね上がり防止のばねはキットのパーツに手を入れて使用。

ハッチの蝶番の部分は実車でテーパーが付いているので修正。

«ドラゴン タイガー1中期型

無料ブログはココログ

カテゴリー