2018年9月20日 (木)

タミヤ3突G初期型

T_cimg2725


T_cimg2726


T_cimg2727


T_cimg2728


T_cimg2729


T_cimg2730


T_cimg2731


T_cimg2732

2018年9月11日 (火)

モンモデル ヤクトパンサーG1

モンモデルのヤクトパンサーG1です。以前、製作したキングタイガーと比べると遙に作りやすくなっています。

T_cimg2712


T_cimg2713


T_cimg2714


T_cimg2715


T_cimg2716


T_cimg2717


T_cimg2718

T_cimg2719

T_cimg2720


T_cimg2721


T_cimg2722


T_cimg2723

2018年8月22日 (水)

ドラゴン1/35エレファント

ドラゴンのエレファントです。プレミアムエディションとツィンメリットヴァージョンを2個1で製作しました。古いキットなのでディテールはあっさりしています。後、パーツの表面に引けが結構あります。ロイヤルモデルのエッチングがあったので使おうと思いましたが、殆ど使えませんでした。

0001


001


12
ドラゴンの純正のエッチングパーツは精度が余りよくありません。フェンダーのエッチングも調整しないと合いません。

牽引ロープラックはエッチングパーツにも入っていますが、密度感が悪く、プラ材で自作、牽引ロープが0.9ミリなので通る隙間は1ミリで作ってあります。

フェンダーステーはエッチングパーツでは綺麗に出来そうもないので、キットのパーツをBMC超鋼タガネで堀を深くし縁も薄く消りました。

矢印のディテールは前後で同じ高さになりますが、エッチングでは再現されておらず、これもプラ材で自作。

T_34

矢印①の部分はキットのまま組むとかなり隙間が開くので。キットの指定より1ミリ前にだして砲の基部を接着。

矢印②の部分は表面がかなり引けていたので、ボルトを切り取り、表面を均してからボルトを再接着。

蝶番のディテール追加。

ハッチストッパーはプラ材でディテールを追加。拡大したら出来悪し・・・。

56

トラベリングロックはキットの輪の部分を薄く削りディテールを追加。

ジャッキ台のラックはエッチングパーツだと大きすぎてかっこ悪いので自作。

78

ジャッキはラックを薄く削り蝶番の部分はプラ棒に切り込みを入れて再現。ハンドル部分は自作。

アンテナはドラゴンのタイガー1のパーツを薄く削り使用。下がキットのまま、上が削った状態。

91
アンテナの収納ケースはプラ材で自作。

アンテナポストは穴が開いていないので穴を開けました。

92



フェンダーの跳ね上がり防止のばねはキットのパーツに手を入れて使用。

ハッチの蝶番の部分は実車でテーパーが付いているので修正。

2018年7月11日 (水)

ドラゴン タイガー1中期型

506重戦車大隊のタイガー1中期型です。前に製作した中期型も506重戦車大隊ですが指揮車でした。今回は普通の所属車輌です。塗装パターンは変えてみました。

T_img_0487


T_img_0488


T_img_0489


T_img_0490


T_img_0491


T_img_0492


T_img_0493


T_img_0494


T_img_0495


T_img_0496


T_img_0497


T_img_0498


T_img_0499


T_img_0500


T_img_0504

ブルムベア後期型完成

タミヤ、ブルムベア後期型完成しました。塗装方法はいつも通り。イメージした色味が出せなかったのが残念です。

T_img_0447


T_img_0448


T_img_0449


T_img_0450


T_img_0451


T_img_0452


T_img_0453


T_img_0454


T_img_0455


T_img_0456


T_img_0458


T_img_0460

2018年7月 8日 (日)

パンサーD

タミヤのパンサーD です。やはりタミヤのキットは楽です。基本的な部分で手間が掛からないのが良いですね。今回はパッションモデルのエッチングを使って簡単にディテールアップしました。タミヤのこのキットで最大の問題点は予備キャタピララックですね。この部分をエッチングを使って処理しました。今回エッチングを使用しましたが、画像をご覧いただければ分かるとおり、キットの出来がいいので余り使っていません。キットの出来がいいなら無理してエッチングを使うよりはキットのパーツをブラッシュアップしたほうが仕上がりがいいと思います。エッチングって綺麗に組むのって中々大変なんですよね。

T_dsc05913


使わず余ったエッチングパーツです。今回使ったのはこの程度です。今回はハードにやるつもりは無かったので。

T_cimg2658


T_cimg2659

スモークディスチャージャーの配線はちょっと拘ってみました。
T_8


T_6

2018年6月19日 (火)

IV号H中期型完成

IV号H型完成しました。塗装方法は6月14日に発売されたモデルアートのAFV塗装再検証1に掲載されている3号N型と同じなので、そちらをお読みいただければよく分かると思います。

T_img_0462


T_img_0464


T_img_0465


T_img_0466


T_img_0467


T_img_0468


T_img_0469


T_img_0471


T_img_0472


T_img_0473


T_img_0474


T_img_0475


T_img_0477


T_img_0478


T_img_0479


T_img_0480


T_img_0481


T_img_0482


T_img_0484


T_img_0486


Tx_img_0476

2018年6月16日 (土)

モンモデル キングタイガー完成

これも雨だれがちょっときつ過ぎか。雨だれのバランスは難しい。

T_img_0352


T_img_0353


T_img_0354


T_img_0355


T_img_0356


T_img_0357


T_img_0358


T_img_0359


T_img_0360


T_img_0361


T_img_0362


T_img_0350


T_img_0352_2

2018年6月15日 (金)

ミラーモデル オッター

オッターで思い出すのは、45年位前のホビージャパンの記事に載っていた、大塚さんが描いたMAX用の箱絵(だと思うのですが)です。結局はMAXからキットが出ること無くメーカーが倒産してしまいましたが。AFVにはまり初めた頃でなぜか強烈に印象に残っています。画像のミラーモデルのキットは亡くなった友人の形見分けキットです。なぜかキットには砲塔?のブレンガンが付属しておらず、どうしようかと思っていたところ、同じクラブのme20氏がSKPのハンバー(だと思う)に入っていたブレンガンをくれました。と言う事で製作する事にしました。

上記でSKPのブレンガンと書きましたがme20氏からドラゴンのフィギュアに入っていたパーツだと指摘がありました。間違ってました、申し訳ありません。

T_cimg2630

ついでに、ちょっと組み立ててみました。しかしエッチングでめげました。一時中止です。シャーシの周りに写っているパーツは代わりに作り初めたチャーチルのキャタピラです。

T_cimg2644

2018年5月31日 (木)

クーゲルブリッツ

ドラゴンの社内設計は相変わらずです。ディテールアップはキットのパーツのブラッシュアップを行った位でほぼ素組です。キャタピラは付属のDS素材のベルト式を使用、ディテールはいいんですが、この後の経年変化が気になります。

1t_cimg2520


2t_cimg2521


3t_cimg2522


4t_cimg2523


5t_cimg2532


T_cimg2524


T_cimg2525


T_cimg2526

T_cimg2528_2


T_cimg2529_2



T_cimg2527

T_cimg2530_2


T_cimg2531_2

«Ⅱ号戦車L型ルクス(後期型)

無料ブログはココログ

カテゴリー