« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月23日 (水)

sdkfz234/2 プーマ

このドラゴンのプーマは一年以上前からぼちぼち製作していた物です。もともと出来のいいキットなのでアベールやグリフォンのエッチングを使って気になるところを適当にディテールアップしてあります。

Pk1 Pk2 Pk3

塗装もいつも通りタミヤのアクリル塗料を使い、Mrカラーのつや消しクリアーでコーティングしています。

Pt1 Pt2

次の画像は薄く溶いた明るめのダークイエローを筆で跳ね飛ばしを行ったあと、ウォシングをした状態です。

Pt3

ウエザリングはMIGの油彩やAKのウエザリング用の塗料を使用。

T_img_0363 T_img_0362 T_img_0361 T_img_0360 T_img_0359 T_img_0358 T_img_0352_2 T_img_0345

2012年5月22日 (火)

ヤクトタイガー中期生産型 ③

途中写真を撮影してなかったので、いきなりの完成です。

ウエザリングの工程は大まかにピンウォシュ一回目→チッピング→スミイレ→スプラッシュ→

雨だれ→ピンウォシュ2回目→ピグメント の順です。

1回目のピンウォシュはシャドーブラウンとウォシュブラウンの中間の色、スミイレはシャドーブラウン、2回目のピンウォシュはウォシュブラウンで行い、雨だれはAKのストリーキング具ライム

とダストエフェクトにて行いました。

ピグメントはMIGのガルフウォーサンドとヨーロピアンアースを混色した色を足回りを中心に塗布。

Jtt6 Jtt7 Jtt8 Jtt9 Jtt10 Jtt12

牽引フックと予備履帯はスポンジチッピングにて行っています。

Jtt11_2 Jtt13 Jtt14

ヤクトタイガー中期生産型 ②

塗装はまずベースのガイアノーツのプライマーレッドを塗装、三色迷彩はすべてタミヤの

アクリルカラーを使用しています。

レッドブラウン・・・アースにデザートイエローを混色

ダークグリーン・・・スカイとコクピット色を4対1で混色

ダークイエロー・・・デザートイエローとフラットホワイトを1対3に混色しフラットイエロー

           を少量プラス

塗装面の保護のためにクレオスの半艶クリアーを全体に吹きつけ、デカールを貼り終えたら

次にデカールの保護とウエザリングの下地つくりの為にクレオスのフラットクリアーを全体

に吹き付けてあります。

Jtt1_2 Jtt2_2

次の画像は一回目のウォシングが終わり、チッピングを施した状態です。

ウォシングはMIGの油彩のシャドーブラウンとウォシュブラウンの混色。

チッピングは明るい部分がハンブロールのレドームタンに油彩のスノーホワイト

を混ぜた色を使用、ダークブラウンはハンブロールのラストに油彩のブラック等

を混色した色を使っています。

Jtt3 Jtt4 Jtt5

ヤクトタイガー中期生産型 ①

タミヤのヤクトタイガー中期生産型です。

キットはいまさら説明する必要もありませんが、いつも通りのタミヤクオリティです。

しかし一点気になる点が溶接表現がおとなしい事です、ここはディテールは追加せず

塗装で強調することにしました

今回はフェンダー無し、工具もほとんど取り外した状態としました。

ディテールアップは簡単にアベールのエッチングを使って行い、キャタピラ、砲身

はキットのままです。

Jtk1 Jtk2 Jtk3

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー