« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月 8日 (日)

サイバーホビー タイガー1初期型 製作2

T_dsc04604 洗浄棹はプラスとラクトの0,9ミリのプラ丸棒より製作、両端の金属部分を再現。砲塔のスモークディスチャージャーの取り付け基部は0,5ミリのプラ板より製作。

T_dsc04605 T_dsc04607 T_dsc04609 T_dsc04610 T_dsc04611

サイバーホビー タイガー1初期型 製作1

サイバーホビーのタイガー1は初めて製作しました。ただし、オレンジボックスの廉価版です、サスペンションが車体と一体化されており、各パーツをいままで発売されているキットからの寄せ集めと言った感じのキットです。なかなか作り易いキットではありますが、やはりサイバーホビー仮組みはしっかりやらないと後で痛い目に会うのはいつも通りです。

ディテールアップにはパッションモデルのタミヤ用のタイガー1初期型様エッチングパーツを使用しました。かなり使い易いエッチングパーツでした。

今回はキットの指定通りではなく(キットの指定通りだと1943年3月以降の生産タイプになると思います。)違いとしては、砲塔天板のペリスコープと砲塔の予備履帯な無い事と、防盾の照準孔の装甲が増圧されてないタイプの車輌となります(1943年3月以前のタイプ)

T_dsc04597 T_dsc04598 T_dsc04599 T_dsc04600 T_dsc04601 履帯交換用のワイヤーはユリイカの0,4ミリのワイヤーに交換しました。

T_dsc04602 履帯の取り付け基部はキットのパーツにディテールを追加して使用しています。

T_dsc04603

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー