« タイガーI中期型指揮戦車完成 | トップページ | T64A1972 車体の製作 »

2015年6月14日 (日)

T64A1972

最近、各メーカーから現用車両が頻繁にリリースされています。私もソ連4やイスラエルの現用車両は好きです。過去にはAEFデザインのメルカバ3DやスキッフのT64B(手を入れる床が多すぎて、これは完成しませんでした)などを製作しました。で、今回はトランペッターのT64A1972を作ってみました。キットは合いも良く、悪くはないのですが、細かいパーツやモールドは省略されている部分も見受けられます。そこでディテールを中心に手を入れてみました。

Ret_1t_dsc04797


主に使用した紙媒体の資料は上記の三冊です。1は出版社はわかりませんが、ロシアの資料です。この本は試作車両から体系的に紹介されており、各型の図面が掲載されています。2はカゲロウ廉価版の写真集です。T64PとT64Aが掲載されていますが、T64Aが曲者で、この車両はT64Aの車体にT64Bの砲塔が搭載された車両と思われます。3はグランドパワーのT64の特集号です。この本には生きているT64のディテール写真が掲載されており大変参考になります。

あとはネットにて検索したT64の画像を参考にしています。

砲塔

まずは砲塔からですが、鋳造砲塔の形状把握はなかなか難しく、形状変更は行いませんでした。気になる人はミニアームの砲塔に交換するのが早いでしょう。

H1t_dsc04689


H2t_dsc04699


雑具箱は形状が違っていたので、プラ板にて作り変えました。エッチングはエデュアルドのスキッフ用を使用。

H3t_dsc04700


雑具箱tご弾薬ケースの位置ですが、キットの説明書の指定と逆に取り付けてあります。キット指定の位置の車両は見つけられませんでした。

H4t_dsc04714


赤外線サーチライトの配線の位置もキットとは変えてあります。

H5t_dsc04722


スノーケルのパーツはAEFデザイインのレジンパーツを使用。

H7t_dsc04790


H8t_dsc04795


キットのスノーケルパーツの取り付け部分の形状も違っているので、プラ材とジャンクのエッチングパーツを使って作り直し。砲塔側の取り付け位置も違っています。

H9t_dsc04794


H6t_dsc04787


H11t_dsc04697


H13t_dsc04702


H16t_dsc04793

« タイガーI中期型指揮戦車完成 | トップページ | T64A1972 車体の製作 »

T64A1972」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T64A1972:

« タイガーI中期型指揮戦車完成 | トップページ | T64A1972 車体の製作 »

無料ブログはココログ

カテゴリー