« 2016年5月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

2016年9月 5日 (月)

ドラゴン  IV号戦車H型 8.8cm FlaK36搭載自走砲

パンツァーレックスに数枚、写真が掲載されている現地回収車両です。ドラゴンのこの手のキットっていつも適当ですね。記録写真も少ない、この手の車両にこだわり過ぎても意味ないのも確かですが、もうちょっとこだわってもいい気がします。

といいながらも私も適当に作っていますけど。

T_dsc05847


T_dsc05848

              車体の構造はキットとは変えています。記録写真に近づけました。
T_dsc05844

             インテリアの写真を参考にディテールを追加。

T_41t_dsc05836
             エッチングパーツはアベールを主に使用、ジャッキラックはキットのパーツを薄く削りディテールを追加。

T_42t_dsc05840


T_dsc05813


T_dsc05814


T_dsc05816


T_dsc05817

                   評価の高いドラゴンのFLAK36ですが結構ディテールが省略されています。電気系の配線は全くありません。配線は良くわからない部分もあり、一部は想像でしす。
T_dsc05820

T_dsc05818




T_f1t_dsc05811


T_f2t_dsc05823

              省略されているディテールは出来る範囲で追加及び修正しています。

ドラゴン タイガー1 初期型 ヴィットマン

ドラゴン6730のタイガーI 初期型ヴィットマン仕様です。今までいくつかドラゴンのタイガーIを製作しましたが、決して作りやすいキットではありませんでした。しかし今回の初期型は今まで作りにくかった部分が修正されておりかなり作り易くなっています。

T_cimg0835_2


T_cimg0840_2

牽引ロープは車体に沿うように曲げてあります。

T_cimg0838_2


T_cimg0847_2


T_cimg0838_3


T_cimg0850_2


T_cimg0844_2


T_cimg0849_2
履帯交換用のワイヤーのラックはキットのパーツを薄く削て使用。

T_cimg0853_2

このキットに入っているジャッキは初期型仕様のタイプではないのでそのままではジャッキは取り付けられないので注意が必要。

T_cimg0856_2
排気管カバーの取り付け基部の位置が合わないので修正。

T_cimg0864_2


T_cimg0866_2
予備履帯ラックは可動にして塗装後に予備履帯を取り付け。

T_cimg0859_2


T_cimg0869_2


T_t_cimg0865_2

エッチングパーツのジャンクや真鍮線でスモークディスチャージャーの配線を再現。3本の配線を一本のパイプに通すのはやはり無理ですね。

T_cimg0839_2


T_cimg0858_2

クランプはキットのパーツを薄く削る。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年11月 »

無料ブログはココログ