AMMO 1945キングタイガー

2018年5月26日 (土)

1945キングタイガー

ペーパープランの車輌で実在はしないので、塗装もそれらしくダークイエローとダークグリーンの2色迷彩としました。キャタピラはフリウルを使用、砲身が長い事、写真に入れるのが大変でした。やはり88mm砲のほうがバランスがいいですね。

1t_cimg2464


2t_cimg2465


3t_cimg2469


4t_cimg2470


5t_cimg2471


6t_cimg2480


7t_cimg2475


8t_cimg2466


9t_cimg2467


10t_cimg2472


11t_cimg2473


12t_cimg2474


13t_cimg2476


14t_cimg2478


15t_cimg2477

2017年6月10日 (土)

AMMO 1/35 1945 キングタイガー

AMMOのキングタイガー最後期型と10.5cm砲搭載タイプのコンバーチブルモデルです。中味はタコムのキングタイガーに10.5cmと最後期型のパーツが追加されています。インテリアはありません。最後期及び10.5cmタイプが作りたい方には購入されても損は無いと思います。ただし通常のタコムのキングタイガーのキットの出来は普通ですので、インテリが欲しい場合以外は買う価値はあまりあり見出せません。普通に作るならドラゴンのキットで充分です。そういう意味では私は買ってがっかりしました。(あくまでもこのキットではなく通常のタコムのキングタイガーの話です)

製作に関しては、キットの外装のパーツ(OVMの取り付け部)は使い物になりませんので、手持ちのエッチングパーツの余りパーツやプラ材で自作しています。

T_cimg1663


T_cimg1672


T_111t_cimg1665
溶接跡は伸ばしランナーを接着してから、リューターで削って再現。タグアイの固定具はドラゴンの不要パーツをにディテールを追加して使用。洗浄棹の固定具はエバーグリーンのプラ材から製作。

T_123t_cimg1670
クランプはパッションモデルのジェニーズクランプを使用。燃料タンクの通気パイプはドラゴンのキングタイガーのパーツが余っていたので使用。

T_135t_cimg1676
スコップのラックはドラゴンのジャンクパーツを加工。

T_147t_cimg1681

フェンダーのリベットは板鉛から打ち出したパーツに交換。暗視装置はコード類を追加。チェーンはモノクロームの超極細チェーンを使用。シルバーのエッチングはアベールのヤクトタイガー用の余りたパーツを使用。

その他のカテゴリー

IV号戦車H型 8.8cm FlaK36搭載自走砲_ | 502タイガー1 | 506重戦車大隊タイガーI中期型指揮戦車 | AMMO 1945キングタイガー | GDタイガー1 | III号突撃砲B型 | IV号駆逐戦車L70(A)ツヴァイシェンレーズンク | Pz.Kpfw.35(t) | SS第101重戦車大隊タイガーⅠ中期型 | その他 | アカデミー キングタイガー後期型 | オストヴィント | ソフトスキン他 | ソミュアS35 | タイガーI初期型ビットマン | タスカ ルクス後期型 | タミヤ IV号駆逐戦車/70(V)ラング | タミヤ ナースホルン | タミヤ ブルムベア後期型 | タミヤ ヘッツアー中期型 | タミヤ ヤクトタイガー | タミヤ キングタイガー | ドラゴン キングタイガー後期型 | ドラゴン 四式軽戦車ケヌ | ドラゴン タイガー1後期型ツイメリットコーティングバージョン | パンサーD | パンターG後期型 | パンダホビー 1/35 マーダーI | フェールマン戦隊タイガーI | ホビーショー | マウルティア対空自走砲 | モンモデル キングタイガー | ヤクトパンターG2 | ヴィットマンタイガー初期型 | 中戦車 | 依頼製作品Sd.Kfz.10/4 | 塗装 | 戦後車輌 | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 模型 | 突撃砲 | 自走砲 | 軽戦車 | 重戦車 | T64A1972 | ドラゴン IV号H型中期型ツイメリットバージョン | ファインモールド 五式中戦車チリ | ライフィールドモデル フェールマン戦隊 タイガーIハイブリット

無料ブログはココログ

カテゴリー