自走砲

2013年6月22日 (土)

過去作品 マーダーIII対戦車自走砲

2008年に発行されたモデルフィーベル チェコ製ドイツAFVに掲載された作品です。この作品がちょうど塗装テクニックが技術的に自分の中で一皮剥けるかどうかの、境目の作品です。これ以降は割りと安定して自分で納得の出来る作品が、出来るようになった気がします。

T_dsc04552 T_dsc04553 T_dsc04554 T_dsc04556 T_dsc04557 T_dsc04560 T_t_dsc04559

過去作品 Flakpanzer 38(t) Sd.Kfz.140

2009年に製作したトライスターの2cmFlak38搭載38(t)対空自走砲です。この車輌はドラゴンからも発売されていますが、どちらかと言うとトライスターのキットの方が再現度に優れていおり、モールドのシャープさはドラゴンが勝っています。しかし多分どちらも作り難いと思います。特にトライスターのFlakは良いですね。このキットにはフリウルのキャタピラとアドラーズネストの砲身を使用しています。この頃から納得できる作品が作れるようになっていました。

T_dsc04541 T_dsc04542 T_dsc04543 T_dsc04544 T_dsc04545 T_dsc04547 T_dsc04546

2013年5月30日 (木)

ブロンコモデル マーダーIID

アーマーモデリング2013年6月号掲載作品です。

T_dsc04450 T_dsc04451 T_dsc04452 T_dsc04453 T_dsc04454 T_dsc04456 T_dsc04460

ドラゴン Sd,Kfz.10/4 Flak30搭載対空自走砲

アーマーモデリング掲載作品です。

T_dsc04434 T_dsc04435 T_dsc04436 T_dsc04437 T_dsc04438 T_dsc04439 T_dsc04462 T_dsc04463 T_dsc04464

T_p1070531 T_p1070534 T_p1070535 T_p1070536 T_p1070537 T_p1070538

2012年7月 4日 (水)

ドラゴン Sd.Kfz.10/5 装甲キャブ 細部2

  T_t_img_0447

9・サイドのステーと違いなぜか後ろの可動プラットフォームのステーの長さはちゃんとあっている。

8・インストの取り付け支持もなく、イラストにも描かれていないが、塗装図の図面には描かれている車間表示灯。キットにパーツは存在します、一体どうねっているんでしょう。

T_t_img_0449_2

10・キットの接着位置とおり組んだら、隙間が???。

11・フェンダーのこの部分、地面と平行なはずなんだけど、自分で直せてことか?

T_t_img_0450

12・この形状ではフラックの台座の固定が出来ないだけど、10/4ではちゃんとしてたのに、

これでいいのかなー。

T_t_img_0451_2

13・FLAKのプラットフォームと微妙に干渉するので、大事をとって切り欠いてあります。

14・キット指定のダボ穴に接着するとなぜかプラットフォームと干渉するので、前に出してあります。

15・この部分を削りこまないと、シートが平行に取り付けられません。

T_t_img_0455

17.ちょっと分かりにくいですが、キットではただの円柱でモールドされているので、サイズの合うインセクトピンに交換。このキットかなり細かく再現されているのに、なぜこんな目立つ部分の手を抜くのか、よく分からん。

T_t_img_0456

18・FLAKの台座の固定具、パーツが厚すぎて防盾と干渉してFLAKが回転しません。

今のドラゴンのレベルだったら、薄くする事は簡単なはずなのに。

以上、細部で気になったところです。単純に私のスキルが低い為にうまく作れなかった

だけかもしれませんが。

ドラゴン Sd.Kfz.10/5 装甲キャブ 細部1

T_img_0452_2

砲身はパッションモデルのパーツを使用、私の買った商品だけかもしれませんが、フラッシュハイダーが残念な出来でした。

T_img_0453_3

薬莢受けのメッシュはちょっと手間は掛ますが、それほど難易度は高くなく、ここはトライスターよりはるかに優れています。

T_t_img_0444_2

1・取り付けの支持はインストにはありませんが、イラストには描かれているシートの背もたれの固定具、エッチングパーツはちゃんと用意されています。

2・サイドの弾薬ラックの取り付けステー、実写では可動プラットフォームの枠の上下まで延びていますが、付属のエッチングではメッシュ部分のみの長さだけ。

3・可動プラットフォームの取り付けステーはキットでは彫りが浅く、先端部分が省略されているので、スジボリ堂の超硬タガネの0.15から0,4を使ってモールドを深くしてあります。

T_t_img_0445

4・方向指示器の取り付けステーの車体側の接着面がキットでは再現されていない、なぜ?箱絵を参考にプラ板で再現。

5・装甲キャブの装甲板が当たるので切り欠いてあります。実写では多分、装甲板のほうに切り欠けがあるとおもうのですが、それとも浮いているのか?どうなっているんでしょうね。

T_t_img_0446

7・私にはこのエッチングパーツ組めません。上部のみエッチングを使用しあとはプラ板にて。

ドラゴン Sd.Kfz.10/5 装甲キャブ

ドラゴ ンのSdKfz10/5素組しました。組みにくいです(私の工作レベルが低いだけ?)しかもインスト酷すぎる、キットの再現度がいいだけに残念。ある意味タミヤは凄いと実感します。

T_img_0439 T_img_0440_2

T_img_0441

T_img_0442

全体の画像です。FLAK38は細かく出来てはいますが、パーツ状態で思っていたほど。実際に作ってみると切れがありません。

ドラゴンもいいんですが、やはりFLAK38はトライスターのキットの方が出来がいいですね。

コクピットの装甲板ですが、キットでは接着位置の指示がありません。ケガキ線を入れるなどして対応してほしい所、結局ゆがみが出てしまいました。

エンジンは見せるほどの出来ではないので、エンジンルームは閉状態fです。

2012年3月19日 (月)

過去作品1 sd,kfz7/2

ドラゴンのsdkfz7/2です。キットの出来が素晴らしいので、エッチングのジャンクパーツ

を使って簡単にディテールアップしてあります。FLAK37は省略されているボルト類と照準

器をディテールアップしました。

基本塗装はすべてタミヤのアクリルカラー、ウエザリングはMIGの油彩とピグメントを

使ってあります。

T_img_0136

T_img_0135

T_img_0128

T_img_0126_2

T_img_0125_2

T_p1070655 T_p1070656 T_p1070657 T_p1070658 T_p1070659 T_p1070645

無料ブログはココログ