オストヴィント

2015年5月18日 (月)

オストヴィント完製

更新にかなり間が開きましたが、完製したオストヴィントです。キット自体は分割が多く組み難い事を除けばいいキットでした。FLAK43の照準器はFLAK37に比べて格段にディテールが進歩していました。基本塗装はいつも通りですが、今回はチッピングの描き方を換えてみました。


T_img_0122


T_img_0123


T_img_0124


T_img_0126


T_img_0127


T_img_0128


T_img_0129


2t_cimg0166


Cimg0163

ディテール画像です。

T_dsc05413
消火器のデカールはPassion ModelsのWWII ドイツ軍装備品デカールセットに入っている物を使用しました。斧の木部はベースはダークイエローに塗り、MIGの油彩のウォッシュブラウンとベーシックアースを調色した物を全体に塗り、ハイライトにバフを入れ、ブレンディング。全体にブラウン系のチッピングを施すと、うるさくなるのでダークグリーンとレッドブラウンの部分にはダークイエローのチッピングを入れています。

T_dsc05414


T_dsc05415


T_dsc05416


T_dsc05417

ジャッキは車体色で塗装しウォッシング後チッピング。
T_dsc05418
ダークブラウンのチッピングはポイントを絞って、存在感のある感じに入れました。

T_dsc05419

ウオッシュブラウンとバフを使い装甲表面に薄く残る様に雨だれを入れてあります。溶接ラインはウォッシング後、バフで軽くハイライトをいれ、溶接部分を強調しました。
T_dsc05420


T_dsc05421


T_dsc05422


T_dsc05423


T_dsc05425


T_dsc05426

転輪はウオッシング後、ゴム部分にバフでウオッシング、次にサンド系のピグメントを塗布しオドレスターペタインでピグメントを押さえ、ゴム部分の余分なピグメントを綿棒で落とします。後はハブキャップ部分にAKのエンシジングリースを油漏れの表現として塗装。キャタピラはMRカラーのフラットブラックで塗装後、アクリルのアースを塗装しアルコールで接地面を中心にアースを落とます。次に指や綿棒でグラファイトの粉末を擦りつけ最後にエナメルンのシルバーでドライブラシ。



T_dsc05428

各部分のチッピングはこんな感じ。雨だれは薄い部分とはっきり入れ部分でメリハリをいれてます。
T_dsc05429
車体下部の汚れは、AKのアースエフェクトとアフリカンアースエフェクトを筆で塗布し跳ね飛び表現として上記の塗料を筆にてスプラッシュしてあります。

T_dsc05430
車体全体に明るめのダークイエローとダークブラウンを筆にてスプラッシュして、全体の密度感を上げてあります。

T_dsc05431


T_dsc05432


T_dsc05433
予備キャタピラはフラットブラックに塗装しMIGの油彩のサビ色系をウオシング、乾燥後バフををウオッシングし最後にピグメントを塗布しました。

2015年3月15日 (日)

オストヴィント ウエザリング3

油彩にて陰影と雨だれを加えています。画像では分かりにくいですが。

T_img_0104


T_img_0105

2015年3月 1日 (日)

オストヴィント ウエザリング2

チッピングを施しました。使用した塗料はダークイエロー系がハンブロールのレドームタンにMIGの油彩のスノーホワイトを混色した塗料でダークブラウン系のチッピングが、ハンブロールのラストにMIGのシャドーブラウンを混色して使用しました。ダークイエロー系はダークグリーンとレッドブラウンの部分にチッピングを行ない、ダークブラウンのチッピングはダークイエローの部分を中心に入れてあります。

T_t_img_0088


T_t_img_0089


T_t_img_0090


T_t_img_0093


T_t_img_0094


T_t_img_0095

2015年1月 3日 (土)

オストヴィントウエザリング

ピンウォッシ、スプラッシュ塗装ともIV号駆逐戦車と同じです。

T_dsc05376


T_dsc05377


T_dsc05378


T_dsc05379

2014年12月 8日 (月)

ドラゴン オストヴィント 塗装

以前、製作したヤクトタイガーに使用したカラーを使い3色迷彩をしてあります。迷彩は説明書の塗装図を参考に行ってあります。

T_dsc05354


T_dsc05355


T_dsc05356


T_dsc05357

2013年8月 6日 (火)

サイバーホビー1/35オストヴィント

サイバーホビーのオストヴィントを作り始めました。やはりサイバーの4号は作りにくいです、前回4号Jを作ってポイントは分かったつもりでしたが、一箇所やっちまいました。サイバーの4号は組み立てさえキッチリと組めれば非常にいいキットなのに残念です。ディテールアップにはアベールの35A99ジャーマンツーツホルダー後期タイプを使用しましたが、オストヴィントは通常の4号に比べて装備品が少ないのとキットのディテールが良いので余り使用しませんでした。

1 2 3 4 エッチングに変えようかとも思いましたが、薄く削るだけで充分なようなのでエッチングは使用しませんでした。

5_2 6 FKAK43は非常に良く出来ています。特に照準器はsdkfz7/2の時に比べるとかなりディテールの再現度がアップしています。ただ配線など省略されている部分もありますが、手持ちの資料に配線部分が写っている画像が無く再現はしていません。

7 スペアー砲身のケースはテーパーがついてしまっていたので、成型しなおしてからディテールを入れてあります。

8 薬莢受けのラックは塗装後取り付けます。

9 塗装後取り付けるパーツです。

10 11 一枚上の画像の矢印の所に隙間が出来ると、車体のフェンダーと後部泥除けの間に隙間が開きます、しかたがないのでプラ板を入れて隙間を埋めました。このように全体のパーツをバランスをチェックしながら組まないとサイバーホビーのキットは綺麗に組めません。

無料ブログはココログ

カテゴリー