タミヤ キングタイガー

2014年12月 8日 (月)

タミヤ キングタイガー 塗装

アンブッシュ迷彩にするつもりですが、現在のところまだ斑点はいれていません。このキットは20年くらい前のキットで現在のデカールに比べるとフィルムが厚く、グッドスマイルカンパニーのマークソフターでも余白を完全に溶かす事ができませんでした。ウエザリングを行ってもデカールの淵が目立つようでしたら塗り替えようかと思っています。

T_dsc05358


T_dsc05359


T_dsc05360


T_dsc05361

2013年6月17日 (月)

タミヤ キングタイガー ヘンシェル砲塔 製作2

T_dsc04477

OVMはタミヤのヤクトタイガーのパーツを使用しています。OVM、サイドスカートはすべて塗装後に取り付け予定です。 T_dsc04480

T_dsc04481  キューポラはペリスコープの開口部の奥行きが再現されていませんので、再現してみました。ボッシュ型ライトはタスカを使用。 T_dsc04483 T_dsc04484 T_dsc04487 T_dsc04488 ボールマウントの溶接跡はBMCの超硬タガネで彫り込んだ後にエポキシパテで再現しました。サイドスカートの取り付け基部はモデルカステンのキングタイガー用の可動キャタピラに入っているパーツをつかいました。工作はこんな感じです、そんなに手はいれませんでした。

タミヤ キングタイガー ヘンシェル砲塔製作1

タミヤのキングタイガーヘンシェル砲塔です。このキット、発売は20年以上前ですね、今のレベルで見るといろいろ物足りない部分もありますが、20年以上前のキットととして考えれば立派なもんです。今回は専用のエッチングパーツなどは使わず簡単に仕上げました。

T_dsc04466 T_dsc04467 T_dsc04468 T_dsc04469 T_dsc04470 T_dsc04471 キットのパーツを生かしてこんな風に手を入れていました。ジャッキとジャッキラックはタミヤのヤクトタイガーのパーツにディテールを追加して使用しています。エッチングはアベールのE75の余りパーツっです。こんなディテールをチマチマ入れるならエッチングを使った方が早いかも?

T_dsc04476_2 T_dsc04473_2 キャタピラはこれもヤクトタイガーのパーツを使用、ヤクトタイガーに入っている一両分で組む事が出来ますが、予備キャタ分はでません。タミヤの純正の別売り商品より遥かに出来がよく、組むのが楽しかもアフターで取り寄せしても一輌分700円です。ただ起動輪がそのままでは微妙にキツイので0,3ミリのプラ板をかませて、幅を広げてあります。

その他のカテゴリー

IV号戦車H型 8.8cm FlaK36搭載自走砲_ | 502タイガー1 | 506重戦車大隊タイガーI中期型指揮戦車 | AMMO 1945キングタイガー | GDタイガー1 | III号突撃砲B型 | IV号駆逐戦車L70(A)ツヴァイシェンレーズンク | Pz.Kpfw.35(t) | SS第101重戦車大隊タイガーⅠ中期型 | その他 | アカデミー キングタイガー後期型 | オストヴィント | ソフトスキン他 | ソミュアS35 | タイガーI初期型ビットマン | タミヤ IV号駆逐戦車/70(V)ラング | タミヤ ナースホルン | タミヤ ヘッツアー中期型 | タミヤ ヤクトタイガー | タミヤ キングタイガー | ドラゴン キングタイガー後期型 | ドラゴン 四式軽戦車ケヌ | ドラゴン タイガー1後期型ツイメリットコーティングバージョン | パンサーD | パンターG後期型 | パンダホビー 1/35 マーダーI | フェールマン戦隊タイガーI | ホビーショー | マウルティア対空自走砲 | モンモデル キングタイガー | ヤクトパンターG2 | ヴィットマンタイガー初期型 | 中戦車 | 依頼製作品Sd.Kfz.10/4 | 塗装 | 戦後車輌 | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 模型 | 突撃砲 | 自走砲 | 軽戦車 | 重戦車 | T64A1972 | ドラゴン IV号H型中期型ツイメリットバージョン | ライフィールドモデル フェールマン戦隊 タイガーIハイブリット

無料ブログはココログ

カテゴリー