タミヤ ナースホルン

2016年5月22日 (日)

ナースホルン完成






前回から時間が経ってしまいましたが、ようやく完成しました。

111t_cimg0745


114t_cimg0748


116t_cimg0750


117t_cimg0751


118t_cimg0752_2


3t_dsc05748


7t_dsc05746


8t_dsc05747


9t_dsc05752


10t_dsc05753


11t_dsc05750

13t_dsc05763_2

15t_dsc05756


14t_dsc05764



2016年3月 7日 (月)

ナースホルン 塗装

本当に久しぶりの更新ですが、模型はちゃんと作っています。ナースホルンは塗装が終わり個々のパーツを組み上げれば完成です。今回、戦闘室の前面部分の装甲だけを後で組む様にしましたが失敗でした。塗装後、戦闘室内に筆が上手く入らずウエザリングに苦労しました。塗装方法はいつも通りです。

T_cimg0651


T_cimg0652


T_cimg0653


T_cimg0654


T_cimg0655


T_cimg0656


T_cimg0657

2015年7月20日 (月)

ナースホルン

ナースホルンは27年前にエアープレスのバキュームキットを基にセミスクラッチしたことがあります。当時、一番大変だったのが資料探しです、あの頃を思うと今は良い資料、良いキットがありすごい時代になりました。さてタミヤのナースホルンですが、ディテールの再現と省略が上手く表現された良いキットだと思いますので、省略されたディテールのうち見栄えのする箇所を再現しておきました。

1t_cimg0315


2t_cimg0317


3t_cimg0313


5t_cimg0316


T_6t_cimg0314


筋彫り追加


T_11t_cimg0234

1 溶接ラインを再現

2 雨樋を薄く削りこむ

3 真鍮線にて配線の追加

4 牽引ロープはユリイカの0.9mmの銅線を使用。タグアイはドラゴンの4号戦車から

5 ラックはキットのパーツを薄く削りこんだ。

6 ダイ&パンチでボルトを追加。

7 偽装用フックはパッションモデルのタイガー1のエッチングの物を使用。

8 モールドをメリハリが付くように削り込んだ。

9 砲のトラベリングロックの解除機構の部分はキットのパーツに手を入れて使用。  

T_44t_cimg0233
10 砲弾ラックの蓋を薄く削り、蝶つがいの部分をプラ棒でディテールを追加

11 洗浄棹ラックは見える部分を削ってそれらしく

12 ボッシュ型ライトはディテールを追加。

13 キットのパーツにそれらしくディテール追加

14 予備履帯ラックは薄く削る

15 MGラックの薄く削りこんだ

16、17、18 ペリスコープの固定部は画像のようにディテールを追加

19 トラベリングロックのばねを真鍮線で再現

20 ジャッキ台にディテール追加。

21 ジャッキラックのパーツを薄く削り、ディテールを追加。

その他のカテゴリー

IV号戦車H型 8.8cm FlaK36搭載自走砲_ | 502タイガー1 | 506重戦車大隊タイガーI中期型指揮戦車 | AMMO 1945キングタイガー | GDタイガー1 | III号突撃砲B型 | IV号駆逐戦車L70(A)ツヴァイシェンレーズンク | Pz.Kpfw.35(t) | SS第101重戦車大隊タイガーⅠ中期型 | その他 | アカデミー キングタイガー後期型 | オストヴィント | ソフトスキン他 | ソミュアS35 | タイガーI初期型ビットマン | タミヤ IV号駆逐戦車/70(V)ラング | タミヤ ナースホルン | タミヤ ヘッツアー中期型 | タミヤ ヤクトタイガー | タミヤ キングタイガー | ドラゴン キングタイガー後期型 | ドラゴン 四式軽戦車ケヌ | ドラゴン タイガー1後期型ツイメリットコーティングバージョン | パンサーD | パンターG後期型 | パンダホビー 1/35 マーダーI | フェールマン戦隊タイガーI | ホビーショー | マウルティア対空自走砲 | モンモデル キングタイガー | ヤクトパンターG2 | ヴィットマンタイガー初期型 | 中戦車 | 依頼製作品Sd.Kfz.10/4 | 塗装 | 戦後車輌 | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 模型 | 突撃砲 | 自走砲 | 軽戦車 | 重戦車 | T64A1972 | ドラゴン IV号H型中期型ツイメリットバージョン | ライフィールドモデル フェールマン戦隊 タイガーIハイブリット

無料ブログはココログ

カテゴリー