ドラゴン エレファント

2018年8月22日 (水)

ドラゴン1/35エレファント

ドラゴンのエレファントです。プレミアムエディションとツィンメリットヴァージョンを2個1で製作しました。古いキットなのでディテールはあっさりしています。後、パーツの表面に引けが結構あります。ロイヤルモデルのエッチングがあったので使おうと思いましたが、殆ど使えませんでした。

0001


001


12
ドラゴンの純正のエッチングパーツは精度が余りよくありません。フェンダーのエッチングも調整しないと合いません。

牽引ロープラックはエッチングパーツにも入っていますが、密度感が悪く、プラ材で自作、牽引ロープが0.9ミリなので通る隙間は1ミリで作ってあります。

フェンダーステーはエッチングパーツでは綺麗に出来そうもないので、キットのパーツをBMC超鋼タガネで堀を深くし縁も薄く消りました。

矢印のディテールは前後で同じ高さになりますが、エッチングでは再現されておらず、これもプラ材で自作。

T_34

矢印①の部分はキットのまま組むとかなり隙間が開くので。キットの指定より1ミリ前にだして砲の基部を接着。

矢印②の部分は表面がかなり引けていたので、ボルトを切り取り、表面を均してからボルトを再接着。

蝶番のディテール追加。

ハッチストッパーはプラ材でディテールを追加。拡大したら出来悪し・・・。

56

トラベリングロックはキットの輪の部分を薄く削りディテールを追加。

ジャッキ台のラックはエッチングパーツだと大きすぎてかっこ悪いので自作。

78

ジャッキはラックを薄く削り蝶番の部分はプラ棒に切り込みを入れて再現。ハンドル部分は自作。

アンテナはドラゴンのタイガー1のパーツを薄く削り使用。下がキットのまま、上が削った状態。

91
アンテナの収納ケースはプラ材で自作。

アンテナポストは穴が開いていないので穴を開けました。

92



フェンダーの跳ね上がり防止のばねはキットのパーツに手を入れて使用。

ハッチの蝶番の部分は実車でテーパーが付いているので修正。

その他のカテゴリー

IV号戦車H型 8.8cm FlaK36搭載自走砲_ | 502タイガー1 | 506重戦車大隊タイガーI中期型指揮戦車 | AMMO 1945キングタイガー | GDタイガー1 | III号突撃砲B型 | IV号駆逐戦車L70(A)ツヴァイシェンレーズンク | Pz.Kpfw.35(t) | SS第101重戦車大隊タイガーⅠ中期型 | その他 | アカデミー キングタイガー後期型 | オストヴィント | ソフトスキン他 | ソミュアS35 | タイガーI初期型ビットマン | タスカ ルクス後期型 | タミヤ IV号駆逐戦車/70(V)ラング | タミヤ ナースホルン | タミヤ パンサーD | タミヤ ブルムベア後期型 | タミヤ ヘッツアー中期型 | タミヤ ヤクトタイガー | タミヤ キングタイガー | ドラゴン エレファント | ドラゴン キングタイガー後期型 | ドラゴン タイガー1中期型 | ドラゴン 四式軽戦車ケヌ | ドラゴン タイガー1後期型ツイメリットコーティングバージョン | パンサーD | パンターG後期型 | パンダホビー 1/35 マーダーI | フェールマン戦隊タイガーI | ホビーショー | マウルティア対空自走砲 | ミラーモデル CMP Mk1 オッター | モンモデル キングタイガー | ヤクトパンターG2 | ヴィットマンタイガー初期型 | 中戦車 | 依頼製作品Sd.Kfz.10/4 | 塗装 | 戦後車輌 | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 模型 | 突撃砲 | 自走砲 | 軽戦車 | 重戦車 | T64A1972 | ドラゴン クーゲッルブリッツ | ドラゴン IV号H型中期型ツイメリットバージョン | ファインモールド 五式中戦車チリ | ライフィールドモデル フェールマン戦隊 タイガーIハイブリット

無料ブログはココログ

カテゴリー