タミヤ IV号駆逐戦車/70(V)ラング

2016年5月23日 (月)

タミヤ IV号駆逐戦車ラング完成

塗装はいつも通りですが、以前とちょっと変わったのは塗装面を平滑にする為、ウエザリング前にクレオスのスーパークリアーの缶スプレーをオーバーコートしています。

1t_dsc05765


2t_dsc05771


3t_dsc05777


4t_dsc05781


5t_dsc05768


9t_dsc05770


10t_dsc05773


11t_dsc05779


12t_dsc05783


13t_dsc05767


14t_dsc05775

2015年7月19日 (日)

IV号駆逐戦車/70(V)ラング

タミヤのラングを製作しました。良く出来たキットですので、基本、キットのパーツをブラッシュアップする方向でディテールアップを行ないました。ただベルト式のキャタピラは好きではないので、カイゼンの連結可動式に交換しました。

1t_cimg0252


2t_cimg0253


3t_cimg0298


4t_cimg0299


5t_cimg0300


6t_cimg0255


7t_cimg0303


別売りの金属砲身も購入してありましたが、プラの砲身をサンディングして見たところ、プラパーツで充分と判断し、金属砲身は使用しませんでした。

8t_cimg0267


カイゼンのキャタピラ、価格も安く強度もありお勧めです。

次の画像はディテールアップを行った部分です。金属の帯板、ドラゴンのジャンクパーツなどを使用していますが基本はキットのパーツを薄く削るです。

サイドスカートは無し、取り付けステーも無しとしました。

R1t_cimg0304


R2t_cimg0296

無料ブログはココログ